裏・鷲谷ゼミ

白目大学 会社学部 表現メディア学科

打上げ

プロジェクトには区切りが必要

昨日は、桐和祭の「打ち上げ」だった。ちょっと参加者が少なくて、寂しかったけど。良い感じに仕舞ったと思う。

次のプロジェクト

休む間もなく、次のプロジェクトが始まっている。個人的には、本当だったら「打ち入り」もしたいんだけど。

ToDo

□プロジェクト終わりには、打ち上げ

 

 

誕生日サプライズを考える

誕生日をお祝いしよう

どんな人にも誕生日がある。誕生日は無条件でめでたい。めでたいことはみんなでお祝いをしたい。だから、ゼミでもみんなの誕生日をお祝いしよう。では、どうやって? どういうふうにお祝いするのが良いだろう? それは、相手に喜んでもらうようにお祝いするのが一番だ。疑いようがない。

相手に喜んでもらうには

人はさまざまだ。ある人にとって喜ばしいことでも、別な人にとっては不愉快なことだということは、ざらにある。そんな中でも、相手に喜んでもらわなければならない。どうすれば、いいのだろうか? それには、相手をよく理解すること、これが大前提になる。相手がどんな人なのか、それを理解しておきたい。せめて情報を得ておきたい。そうすれば、こういうことをすれば喜んでくれるかなと、少なくとも想像ができる。

誕生日サプライズはプロジェクトマネジメントの原点

情報を得て、分析し、相手のことをおもんばかって、喜んでもらおうと考える…この気持ち・行動は、プロジェクトマネジメントの原点だ。誕生日サプライズも相手を喜ばすというひとつのプロジェクトだ。だから、ゼミの中でも、毎回の誕生日ごとに、プロジェクトマネージャーを決めて、企画してもらっていこうと思っている。

小山薫堂さんに学ぶ

私は、この誕生日サプライズの面白さを小山薫堂さんの本で学んだ。小山薫堂さんは、伝説のテレビ番組『料理の鉄人』の放送作家をしたり、アカデミー賞を取った映画『おくりびと』の脚本を書いたりした人だ。その著書を、機会をみつけて、ぜひ読んでもらいたい。

小山薫堂 幸せの仕事術 つまらない日常を特別な記念日に変える発想法

小山薫堂 幸せの仕事術 つまらない日常を特別な記念日に変える発想法

 

今日のToDo

□新人ゼミ生向けアンケートが回ったら回答をする

□自分も誰かの誕生日サプライズのプロジェクトマネージャーになる心づもりをする

小山薫堂の著書や発言をチェックする

ゆるく繋がる

ゼミの目標

いつも「何をやるゼミですか」と聞かれて、しっくりくる答えを探しているんだけれど…ゼミの目標は「正解がない問題にみんなで答えを出す」ことかなと今は思っている。「プロジェクトマネジメントの技法」とかは、そのひとつの手段にすぎないな…ということに改めて気づいたので。

 

2つの要素

その目標に対しては、特に2つの要素が必要になる。1つは問題解決技法であり、もう1つは集団協働技法だ。前者・問題解決技法の方は、問題によって、さまざまだから追って色々とやっていくことにして、後者・集団協働技法の方に、ゆるゆると着手できればと思う。誤解のないように強調しておくと、ゼミ生同士「仲良くなる」「友だちになる」必要は特にない。まぁ、仲が良いに越したことはないけれど。一緒に作業ができれば、それでいい。

 

ゆるく繋がる

ゼミ生同士、ゆるく繋がっててもらえればと思う。「他人」よりは近く、気軽にモノが言えるぐらいの距離で、「友だち」よりは遠く、価値観が対立しないぐらいの距離だ。とりあえず、TwitterFacebookのアカウントを作っていて欲しい。Twitterは、後で同期のゼミ生のグループを作る。Facebookは、OBも含めた大きいゼミ生のグループを作る。

 

連絡網を作る

LINEグループも作る。同期のグループと、直上の期との合同のグループの2つを作る予定だ。後でLINEアカウントを聞くためのメールを出すので、よろしく。

 

今日のToDo

Twitterアカウントの作成

Facebookアカウントの作成

□LINEアカウントの問い合わせ対応待機

来年の手帳を買おう

手帳とは

手帳は、スケジュールを管理するために使うのではなく、目標をしっかりと意識して、時間を有効に使うために使うツールだ。

その目的のためには、スマホのスケジュールアプリでは不十分だ。なぜなら、アプリは使い方が固定されてしまっているからだ。何時に予定が始まって、何時に終わる、場所はどこ、そういう入力項目は決まっていて、変更ができない。

目的を意識して、時間を有効に活用するには、人それぞれ使い方が変わってくる。非定型的な記入要素が多いのだ。だから、記入方法の自由度の高い紙の手帳が良い。

(逆に言えば、スケジュールを管理するには、スケジュールアプリの方が良い。実際、私も、Googleカレンダーをヘビーに使っている)

今が手帳購入のベストシーズン

手帳を買うなら、今がベストシーズンだ。

だいたい10月ぐらいから新商品が並ぶが、すぐに使える書き込みスペースがないことが多い。12月になると、手帳を買う人たちで売場は混雑する。1月になると、人気商品はもう欠品している。今なら、色々なバリエーションの中から購入できる上、11月用の書き込みスペース も用意されているだろう。

迷ったら週間バーチカルタイプを購入

売場に行けば、さまざまなデザイン、さまざまなレイアウトの手帳がある。1年間付き合うのだから、好きなのを買えば良い。目移りして、迷うようなら、週間バーチカルタイプを購入すると良いだろう。月曜から日曜までの1週間が横軸、朝から夜までの1日が縦軸にレイアウトされているタイプである。空き時間がわかりやすく、予定に向けた準備作業の必要性が感覚的に掴めるからだ。

今日のToDo

□来年用の手帳を買う

 

来年度のゼミ生が決まる

面接・選考終了

先ごろ、来年度のゼミ生の面接と選考が終了しました。発表になったかな…。

ご縁ができた方は、よろしく。

図らずも、受け入れられなかった方は、ごめんなさい。しかし、ゼミだけが、関係のすべてではないので…いつでも声を掛けてください。

 

これから

1月の中旬に現役ゼミ生との顔合わせ、そして3月下旬にお花見の予定です。

とはいえ、それまで何もしない…というのももったいないので、色んな課題をやってもらおうと思っています。

追って連絡します。よろしくお願いします。

サラミ法

更新が停滞してしまった

ふと気づけば、更新が停滞してしまっていた。

約半年。

これではいけない。

 

更新頻度を上げるには

毎回のテーマを少し希釈すれば更新頻度は上がるだろうと考える。

 一回一回の記事のテーマが重く、記事の作成に時間が掛かるようだと、どうも執筆が億劫になり、更新頻度は下がってしまう。

まぁ、Twitterのように、一言で一回更新、一日に何度も更新というのは、さすがにやりすぎだろうけれど。せめて、一週間に一度は更新できるようにしなければいけない。

 

糸川英夫は15分の細切れ時間を使って論文を書いていた

糸川英夫というと、今時の学生には馴染みがないかもしれない。第二次大戦中に戦闘機「隼」の設計に関わった人だ。戦後、航空機の研究を占領軍によって禁止されたので、脳の研究をやったり、ロケットの研究をしたりした。ほかにも、バイオリンを作ったり、バレエ(踊る方だ)を習ったり、多彩な活躍をした。私が若かった頃はまだ存命でテレビにもたくさん出ていた、ちょっとした有名人、タレント学者のはしりのような人だった。

忙しいのにどうやって成果を出すのですか? いつ論文を書くのですか? と問われて、糸川英夫は「屑の時間をダイヤモンドのように扱うのです」「15分あれば、どこでも論文を書きます」と答えていたとのこと。

 

面倒なことはちょっとずつやる

小指ほどの大きさの一口で食べられるサラミもあるが、リレーバトンほどの太さのサラミとなると、堅くてとても噛みきれるものではない。だから、薄く、薄くスライスして食べるのが常である。

同じように、めんどうなことは、ちょっとずつやるに限る。

みんなも先送りしていることはないだろうか。

時間を15分と限って、ちょっとだけやってみよう。

 

本日のToDo

□細切れの時間を大切にする意識を持つ

□先送りしていることがないか確認する

□時間を15分限ってちょっとだけやってみる

 

メールを本当に使う

メール、本当に、使えてますか?

人に「メールを使えますか?」と聞けば、多くの人は「使えます」と答えるだろう。一昔前とは違い、よほどの年配者か、よほどの子供でなければ、最も身近で、普及しているコミュニケーション手段はメールである。ケータイの契約をしたり、大学に入学すれば、メールアドレスがもらえるし、HotmailGmailのフリーのメールアドレスも簡単に作れる。

しかし私は「本当に使えてますか?」と、重ねて、聞きたい。

 

メールは、コミュニケーションツール

今更ながら、メールは、コミュニケーションツールである。相手が存在して、初めて「使う」ことができるツールである。コミュニケーションの相手が、自分と似たような立場の人ばかりでは、メール本来の能力を引き出して使っていない。学生のみんなが、学生同士で使っているようなメールの使い方は、残念ながらオッサンである私には通用しないものであることが多い。

 

メッセンジャー的な使い方をしない

学生のみんなにありがちなメールの使い方は、LINEやFacebookなど、メッセンジャーのように使うものである。つまり

  • タイトルに無頓着。無題だったり、内容と無関係だったり。
  • 会話の延長のような内容。宛名もなく、名乗りもない。いきなり本文だけ。挨拶も、署名もない。
  • 即応性。すぐ読むことを前提にしている。

…などである。

メールは、メッセンジャーではない。チャットでもない。それらのマナーや作法をメールに持ち込まないことが肝要である。

 

ビジネスマンのメールの使い方は参考にならない

社会人であれば、「本当に」メールを使っているかと言えば、そういうわけでもない。社会人でも、コミュニケーションの相手が、自分と似たような立場の人ばかりで、メール本来の能力を引き出して使っていない人は多い。むしろ、そういう人の方が大多数かもしれない。多くの社会人は、メールの使い方を習ったり、勉強したりしたことはないからだ。ガラケー時代のケータイメールのお作法を引きずっていたり、それぞれのビジネスカルチャーを延長してメールのお作法に持ち込んだりしている人が非常に多い。たとえば

  • タイトルに自分の名前を入れる。ケータイメールでは差し出し人が表示されず、誰からのメールか開けてみるまでわからず、タイトルが唯一の手がかりだったものである。
  • 全文引用をする。必要なところだけを引用する意識がない。ケータイメールでは、長い範囲を指定して削除することは難しかった。
  • 宛名に会社名・敬称を入れて登録する。ケータイの住所録では、氏名・フリガナ程度の入力欄しかなかった。宛名に会社名を入れておくことで、ソートに便利だった。また、カルチャーとして、取引先の方の敬称を省略することに抵抗感があった。

…などである。

 

クラシックなメールの使い方を習得すべし

色々な立場の人を相手に通用するメールの使い方とは、結局、メールやネットがシステムとして貧弱だった時代に、プログラマに近い立場の人たちの間で、確立した使い方である。その時代は、なるべくシステムに負担を掛けないように、また、相手に無駄な労力を掛けさせないようにという配慮から作法が確立している。学生のみんなが、学び、身につけるべきは、そうしたクラシックなメールの使い方である。

  • 内容を適切に表したタイトルをつける。話題が変わった場合には、タイトルを変更して、別スレッドになるようにする。
  • 一通のメールには、ひとつの要件のみ書くようにする。要件が違うものは、別のメールにする。後で所定のメールを探しやすくするためである。
  • 返信時、相手が書いた文章は、言及の対象だけを残す。全文引用はしない。相手が書いた文章は、それとわかるように行頭記号「> 」で区別する。何について自分が意見を述べているのか、わかりやすくするためである。
  • メールソフトに登録する差出人(自分の名前)は半角英数のアルファベット表記にする。海外での受信者への配慮である。
  • シグニチャ(署名)を付ける。
  • 相手の会社名・敬称は宛名と一体化しない。メールソフトのアドレス帳機能の所定の欄に記入するようにする。

 

メールを本当に使う

今は、メールやネットがシステムとしてパワフルになった。クラシックなメールの使い方ができない人が送ったメールでも障害の原因になるようなことはない。使う人が無知でも、無頓着でも、大丈夫なようにさまざまな工夫がされている。Gmailなどでは、全文引用した文章は自動的に隠すし、タイトルが内容と合致しておらず、またスレッドが錯綜していたとしても、検索すればすぐに目的のメールを探し出すことができる。「フールプルーフ」つまり「まぬけよけ」で設計されているわけである。

とはいえ、私は、みんなに「まぬけ」になってもらいたくない。色々な立場の人を相手に通用するメールの使い方を会得し、メールを本当に使いこなしてもらいたい。