裏・鷲谷ゼミ

白目大学 会社学部 表現メディア学科

先生よりスゴイ卒業生が出るのが良いゼミだ

良いゼミってそもそも何なのよ

ゼミをなんかのお店や工場だとおもえば、学生という原材料を仕入れて社会人として送り出す仕掛けに他ならないよね。

 

じゃあ、良いお店、良い工場ってのは、なにかって話なんだけど…

看板だけが立派なお店、工場長が有名な工場は、決して良いお店、良い工場ではないよね。

やっぱり、売られてる商品、出荷される製品がすばらしくて、評判であってこそ、そのお店や工場は良いものだっていえるでしょう。

 

だから、すばらしい卒業生、評判になる卒業生が出てこそ、そのゼミは良いゼミだって言えると思う。

 

目標を顕在化し自覚させる

私は、学部(文学部の日本文学専修でした)の時は、ゼミには入れなかった。

卒論も、2回ぐらい指導の先生と簡単な面談をしただけだった。

今、振り返ると、卒論はひどい内容で…私が採点する立場だったら、間違いなくC評価を付ける。論文と関係ない雑談・小ネタばっかりで、論文の体をなしてない、エッセイみたいな代物だったから…。

でも、指導の先生(佐々木雅發先生という、近代文学漱石の研究者でした)は、優しくて「こういうテーマなら、もっと研究を続けて、大学院へ行かなくちゃね…」と励ましてくれた。

その時は留年を重ねてて、卒業できるかもわからないし、卒業後のことも何も決まってない状況だったけど、佐々木先生に言われた、大学院ってのが、何か、次の目標みたいな感じになっちゃった。全然現実味のない、目標というのもおこがましい大それた話だったけれど…。

冷静に考えてみれば、自分自身、学生を続けていたかった気持ちがどこかにあったんだと思う。そういう気持ちと、先生のアドバイスが重なって、大学院へ行くことが、自分の目標になったんだろう。

だから、先生ってのは、接している学生のまだ顕在化されていない思いをくみ取り、次の目標として自覚を持つ手伝いをすることが、できるかどうか、それが大切なのだと考える。

 

ゼミのその先へ

卒論のテーマとはだいぶ変わってしまったけれど、社会人をしばらく経験した後で、経営学の大学院に進んだ。仕事で映像制作のデジタル化・ネット化をやっていたのだけれど、上流部分の資金や企画の調達のデジタル化・ネット化ができないか、下流部分の配信や売買のデジタル化・ネット化ができないかというのが、進学の目的だった。

そこで、所属したのがネットビジネスや電子マネーの研究をしていた岩村充先生のゼミだった。岩村先生は、元日銀マンで、経済や金融の専門家だった。個人的に面白かったのが色々なものの「価値」を経済の視点から解き明かしてくれることだった。

たとえば、「就きたい仕事に就かない方が良い」という話では、「君が就きたい仕事は、人気があって大勢の人が就きたい、就きたいという仕事だろ。そうすると、自分はあんなこともできます、こんなこともできます。安い給料でやります、もっと安くてもやります…と、自分の安売り競争になってしまうだろ。本来の価値より自分を安く売ることになっちゃうから損だぞ」などという話は個人的には目から鱗が落ちた。

岩村先生は、「高校の先生は、良い高校の先生を育てることを目標として教壇に立っているわけではない。大学の先生も、良い大学の先生を育てることを目標とするわけでは必ずしもない。私も、自分自身と同類の人間を育てることを使命とは考えていない」とも言っていた。私も同感だ。

ドリルを買う人が欲しいのは穴であるように、ゼミで学ぶ内容そのものに価値があるのではなく、学んだ過程で得た経験や人間関係、学んだ内容を使ったその先にこそゼミの本当の価値があるのだと私は思っている。

 

みんなには時間という絶対的なアドバンテージがある

ゼミ生のみんなには、私にはない若さがある。これは、もう逆立ちしても私は敵わない。

若さ、すなわち、時間というものは、絶対的なアドバンテージだ。

一人一人、そのアドバンテージを活かして、目標を持ち、私ができないこと(個性と言い換えても良い)を学校の外でどんどん増やしていって欲しいなと思う。

結果はともかく、所属・出身のゼミ生みんなが、その気概を持つとき、ゼミの価値は高まり、良いゼミと言えるのだと思う。

ゼミにもイノベーションが必要だ

センセイのゼミって何やってるの?

って、よく聞かれます。

答えに困るんですよね…。

 

一応、「コンテンツ産業とプロデュース技法についてですよ」って答えるんですけれど、みんな腑に落ちてない顔をして聞いてます。

 

まぁ、わかるわ。

 

学科の他のゼミみたいに「テレビ番組作ってます」「新聞作ってます」っていうんならわかりやすいですよね。それに比べりゃ、「コンテンツ産業とプロデュース技法」って、何なんだよって感じですわ。

 

DEBu研っていう通称を使っていたこともありますね。

Digital デジタル

Entertainment エンターテインメント

Business ビジネス

…で、デブ研ね。ふくよかな体型(笑)の私にはピッタリの通称だと思って「これだ!」って感じだったけど…でも、全然浸透しなかったなぁ。

 

「センセイの無茶振りに応えるゼミ」って言ってた時もあるなぁ…。

その時は、「無茶を承知で入って来てるんだろ(ぐへへ)」と、頭の片隅のどこかにあったのか、気がつけば、無茶振りがエスカレートしてて、こりゃあいかんと、踏みとどまることにした。

 

「呑みゼミ」を自嘲的に言ってたこともあるけれど、ふと気がつけば、時代は「若者の酒離れ」だもんねー。あんまり、良い意味に取ってもらえないんで、これも自重することにした。

 

アニメやCGを作るゼミではないの?

うーん…センセイになって、初年度は、そんな気持ちもあったんだけど…そしたら、その年は、一人も、ゼミに入りたいって人がいなかったんだよね。

 

まぁ、実際、アニメやCGを作るのって、大変だし…週に一コマのゼミの時間だけでは、絶対無理で、作業は時間外にみっちりとやる必要がある。それだけの覚悟がある人は、ウチの学科には、ほとんどいないんだなぁ…ということを思い知ったんだよね。

実際、前の職場では、1〜3分ぐらいの映像をグループで作るのに、数ヶ月〜半年は掛かってたからなぁ…。

 

さらには、「ウチのゼミに来れば、アニメ業界、CG業界に就職できるよ」って軽々しく言えないのも、「アニメやCGを作るゼミです」とアピールしない理由のひとつ。

 

また、アニメやCGを作るには、絵描きだけじゃなくて、プロデューサーなり、ディレクターなり、音響・編集マンだったり、役者だったりが必要になるんだけど、「アニメ・CGを作るぞ」って言うと、基本的に絵描き志望の人にしか、その言葉は刺さらないでしょ? 

極端な想定をすると、たとえば、「一人で、絵をコツコツ描いていたい」みたいな人だけでゼミのメンバーが揃っちゃうわけ。

そうすると、作るはずだった/作りたかったのに、逆に作れない…っていう矛盾した状態に陥るわけよ。

 

だから、まぁ、ゼミでアニメやCGを作りたかったら、基本は、多様なスタッフを集める…ってことが、一番大事。

ディレクタータイプ、プロデューサータイプ、役者タイプ、クリエータータイプ…みたいなのが揃って初めてアニメ・CGって(だけじゃなく、映像制作全般の話だけど…)作れるようになるんだなぁ。

 

…あ、もしかしたら、今の3年生の代は、いけるかも(笑)

 

だから、何やってるの?

まぁ、普通に、コンテンツ産業関係とプロデュース技法を勉強しながら、実践してんだけど…そんな説明じゃ納得してくれないんだろうなぁ。

 

就活に行ったゼミ生が、エントリーシートで「ゼミ活動」の欄に何を書くかに困ったり、面接で「ゼミではどんなことをやってるの?」と聞かれてどう答えるか迷ったり…ってのは、ゼミ生からたまに相談される。

その度に、ちょっと、私も申し訳ないような気持ちになったのよ、正直。

 

下手したら、ゼミ外の人だけでなく、現役ゼミ生、そして、卒業生も何をやったゼミだっけなぁ…って思うだろうね(笑)。

 

まぁ、

辛いことは時間が経つと、克明に覚えてるけど辛い感情は消える、

楽しかったことは時間が経つと、楽しかった感情は残ってるけど、ぼんやりとしか覚えてない

…みたいになるのが、人間の記憶のメカニズムだから…

卒業生の方々には「何やってたか思い出せないわー」というぐらいが健全なゼミだと思うけど…。

 

いやいや、ひょっとしたら、自分自身がゼミの指針を見失ってるかもしれない(笑…って笑い事じゃないや)。

 

そんなこんなで、とりあえず

思ってることをもっとみんなに伝える努力をしなきゃ…って考え直したんだ。

同じことを同じようにやってたら、同じ結果になるだけだからねぇ…。

 

コンテンツ産業」の部分は、時事ニュース的な側面が強いから、書き残す価値があるだろうし…

 

「技法」の部分でも、ソフトの使い方やなんかは、どこかにまとまっていた方が、みんなの使い方のヒントになるだろうから…

 

そして何より、ゼミのみんなとの対話の糸口になることが大事だと思ってさ。

TwitterFacebookもあるけれど、色んなルートがあるに越したことはないでしょう。

 

最近読んだある本で「愛情とは理解し、応援すること」という一節があって、「これはー」っと、ビビッときちゃった。いやー、俺、自分の奧さんのこともみんなのことも、理解が足りないなーって、反省しちゃったのよ。基本的に応援する気持ちはあるんだけどねー。「理解がない」というのは、無関心と同義だもんね。「愛情の反対は怒り・憎悪ではなく無関心だ」ともよく言われるじゃない。

もっとみんなのことを知らなくちゃ、知ろうとしなくちゃいかんよね。

 

飲み会で話をするってのもあるけどね…気がつけば、特定の人とはあまり話ができてなかったり、恋バナ(下ネタ)中心で(笑)真面目な話はできてなかったりという問題もあったからね。

 

だから、まぁ、みんなのことを知ろうと思うなら、自分のことも伝えなきゃね。

プライベートのことだけじゃなくて、少し堅めの込み入ったネタも伝えなきゃ…でもって、それをみんなに…って思ったら、同じ話を何回もするより、Blogを書いて読んでもらうのが良いのかなぁ…という結論に達しましたー。

 

夏休みに入って、みんなとの交流が減る分、ちまちまと書いていきますわ。

 

そんなこんなで〜。