裏・鷲谷ゼミ

某大学メディア学科。昔は「飲みゼミ」として与太を飛ばしていたが、最近のゼミ生は飲みに付き合ってくれないので、オンラインで管を巻くことにした。

卒業研究に向けて

作業を細かく分割する

大学卒業資格、いわゆる「学士」を取るのに、最後に控えているのが卒業研究である。制作物をもって代替したりする場合もあるが、ここでは、卒業論文に限定して述べる。卒業論文の書き方は、方法論として、一定のパターンが確立しているからである。そして、その手順を細かく分け、順序よく対応すれば、難しいことではない。「○万字書くこと」「〆切厳守。1秒でも遅れたら留年」などと、聞いてしまうと、さも恐ろしく、大変なことであるかのようなイメージを抱いてしまうが、作業内容を細かく分割して見れば、何も難しくない、むしろ簡単なことであるように思えてくるはずだ。

専門分野や指導教員によって、卒業論文の執筆手順は、まちまちだろう。私の場合は、以下のような手順に分けて進めることを提唱する。一週間に1~2時間作業することを想定した

週次での作業計画

    1. 要件把握(文字数、〆切などの確認)
    2. テーマ設定(何について書くか)
    3. テーマ周辺の背景・トピックを把握(事前調査)
    4. 図書館を利用する(概説書・入門書を読む)
    5. 問題設定(問いを立てる)
    6. 先行研究の調査(論文・専門書を探す)
    7. 仮説設定(主張〔Claim〕を決める)
    8. 論拠設定(論拠〔Warrant〕を決める)
    9. 実証可能性の検討(立証材〔Evidence〕のアタリを付ける)
    10. 研究計画書の作成(タイトルを決め、ペラ紙一枚にまとめる)
    11. プレゼンテーション(内容を批判的に検証してもらう)
    12. アウトラインの検討(全体で、何が・どんなだ・その理由となるように構成を考える)
    13. MS Wordの操作に熟達する
      • オプション設定
      • スタイル書式
      • アウトライン表示
      • 箇条書き・段落番号
      • 脚注
      • セクション区切り
      • 目次
    14. 調査統計(最低限必要な統計リテラシーをマスターする)
      • 定量調査・定性調査
      • アンケート
      • Googleフォーム
      • エクセル関数
      • クロス集計
    15. 節の書き方の把握(構造的に書く)
      • パラグラフライティング
      • 引用・出所
      • 図表
      • トピックセンテンス
      • サインポスト
    16. 執筆作業(スケジュール通りに書く)
    17. 校正作業(校正必携を参考にする)
    18. 提出準備(チェックリストに基づいて漏れや抜けがないようにする)
    19. 口頭諮問準備(論文を読んだ教員からの質問に答えられるようにする)

これから

実際のゼミの進捗に併せて、少しずつ、各項目を詳しく書いていこうと思う。

場合によっては、項目の追加削除や、順序の入れ替えもあるかもしれない。

ともあれ、一人でも多くのゼミ生が、スムーズに卒業研究を終えることを願っている。

ToDo

□卒業研究に対して、腹を括って、前向きな気持ちになる

□先送りにしないで、少しずつ作業する